メタボとダイエット


ダイエットに取り組む動機に、メタボ対策を挙げる人がいるようです。

正式にはメタボリックシンドロームやメタボリック症候群と言いますが、メタボという呼び方もよくされています。

メタボ対策のために、ダイエットをしているという中高年層は少なくありません。

どこからがメタボと診断される体かは、学会や研究会によって微妙な食いちがいがあるといいます。

腹回りが男性で85センチ、女性で90センチに達すると、メタボの基本条件を満たしたことになります。

なおかつ血圧が130/85mmHg以上あることが1つの目安となっています。

このほかに、メタボの条件としては、中性脂肪が150mg/dL以上か、HDLC40mg/dL未満、 血糖値110mg/dL以上である場合、メタボと判断されるようです。

メタボにならないよう、ダイエットをするよう医師に言われたりします。

高血圧、高血糖、内臓脂肪型肥満、脂質異常などがメタボの典型的な症状だとされています。

2項目以上に該当する人はメタボであると言われ、ダイエットをするように言われます。

特に自覚症状などはないため、体重が増えた気がするという感覚を持ちつつ、そのまま過ごすという人が少なくありません。

おなか周りが気になりはじめたら、ぜひメタボ対策としてダイエットをはじめてみたほうがいいでしょう。