骨盤体操でダイエットをする時


ダイエットのための体操の中でも、骨盤の歪みからくる肥満に効果的な体操が骨盤体操です。

骨盤の歪みを矯正するだけではなく、太りにくい体質に改善する効果もあります。

骨盤は朝に向かって閉じていくことで自然な起床を促し体の動きを活発にすることができます。

日中開いていた骨盤は、夜になると閉じていき、1日の疲れを解消させ眠りに導きます。

骨盤の開きや閉じは、生理の周期とも関係していますので、女性からするととても大事な部分であるといえます。

骨盤の歪みが大きくなり、開閉が思うようにいかなくなると、女性ホルモンバランスの分泌が乱れます。

骨盤体操を実践することで骨盤の歪みを整えて、健康的なダイエットをするのがおすすめです。

両足を肩幅ぐらいに開いてうつぶせに寝ます。

両腕はほおづえをつきましょう。

息を吐きながら片足のかかとで痛くない程度にお尻を勢いよく叩きます。

反対側も同じように1秒間に1回のペースでを6回くらい行います。

ラストに利き足側を3回やって終了です。

最初はうつぶせ姿勢でも、慣れたら膝立ち、慣れたら立った状態でやります。

骨盤体操は毎日1回習慣にして、生理の間だけはインターバルを入れます。

お風呂に入った後の体が柔らかいときに行うとダイエットによりいいようです。

骨盤体操は家で気軽にダイエットができる方法ですので、今日からでも毎日やってみてはどうでしょう。